手話通訳 インドネシア

検索結果はありません。 他の基準を使用して検索を絞り込みます。

売ったり借りたりするものはありますか?

あなたの商品やサービスを無料でオンラインで販売しましょう。 思ったより簡単です。
今すぐ始めましょう。

インドネシアの手話通訳

インドネシアの手話通訳

手話通訳者は、聴覚障害者と聴覚障害者の間のコミュニケーションを可能にするために、さまざまな分野で同時にまたは連続して作業します。機器を解釈せずに作業し、双方向で解釈します。従来の通訳に当てはまる詳細のほとんどは、手話通訳にも当てはまります。

聴覚障害者や聴覚障害者が口頭で話された言語を手話に変換することで理解できるようにします。 インドネシアの手話通訳者は、個人またはグループのコミュニケーションに必要です。手話通訳は、学校、病院、銀行、舞台芸術、学校、病院、裁判所、政府機関で使用されています。ほとんどの手話通訳者は主題を完全に理解し、情報を正確に翻訳することができます。手話通訳者の多くは芸術的個人であるため、より明確で献身的な性格を持っています。ほとんどの場合、クリエイティブで、共感的で、構造化されておらず、独創的で、非常に革新的です。彼らの仕事は、社会的、協力的、忍耐強く、親切であることも必要とします。

ビデオリレーサービス(VRS)と呼ばれるビデオ会議を介してリモートモードで手話通訳が使用される状況があります。これを使用して、医師の予約をスケジュールしたり、仕事や学校の申し込みについて質問したり、銀行に問い合わせたりできます。このタイプの仕事には、聴覚障害者と電話でつながる必要がある聴覚障害者のための通訳が含まれます。これを行うために、聴覚障害者はテレビ電話を使用して、聴覚担当者にリアルタイムで接続します。